« 天の禍にあらず・・・ | Main | 制服の暗黙値について♪ »

域値について

だんだん秋の気配ですね。そろそろ冬に向けて準備している今日この頃。

またまた、先生から面白い話をききました。
医療用語で「域値」という言葉があるそうです。これは薬が体の中で吸収されて血液中に分布する作用から来たものです。
まず、ある一定以上の濃度に到達できないと薬の作用をあらわすことができない。これを「無作用範囲」。そして、その境目を「域値」というそうです。この「域値」を超えて期待する効果を発現する濃度が「治療域」。このあたりで効果的に治療ができるわけですね。

そして、これを超える濃度になると期待しない有害作用、よく言われる「副作用」が生じ、これを「毒性域」というそうです。

何事も塩梅が大切。しかし、「域値」を超えない量では、何も変わらない。その加減をうまく見極めていかなくてはなりませんね♪
いやはや、日々勉強です。

|

« 天の禍にあらず・・・ | Main | 制服の暗黙値について♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69642/16762965

Listed below are links to weblogs that reference 域値について:

« 天の禍にあらず・・・ | Main | 制服の暗黙値について♪ »