« 先人に学ぶ。 | Main | 仕掛けの妙技 »

基本の「ABC」其の2

私には、先生がいます。「基本のABC」の先生です。「当たり前のことを、馬鹿にせず(もしくはボーっとせず)、ちゃんとやろう」の先生です。

今日とあるセミナーに出かけました。面白い人がいます。

ひとつあげると、性善説と性悪説があるが、【人は期待されてないと性悪説を呼び起こす】らしい。たとえば仕事の中で「君ができるとはおもわなかったよ。」というひとこと。これは、人の能力を見下してますね。誰が、考えてもこんなことがことがたくさん起こると組織は伸びません。

また。自分の存在価値についてまず【(愛や自信を)与えてもらう】→【ほめられて何かができるようになる。】→【【(愛や自信を)与えることができる】のステップで成長するらしい。

人には存在価値というものがあって、どの人にも与えられるものだそうです。その「存在価値」の幅が広く大きければ「I’m OK」ということになる。

しかし、「存在価値」の幅たとえば「誰か」が「いい大学に行って、いい就職をして...」といった価値観のときその「誰かの」価値観で築きあげた「I’m OK」はもろく弱い。さらにその場合多々にして、「You'r not OK」【君はだめだけど】がくっついている。ということでした。

人のせいでなく自分の責任を追及していくと、無責任な言葉はなくなる。さまざまな不満を口にしている人に其の不満を聞いていくと結局は、自分の責任の範疇を超えたわけのわからない「不安」が根源かもしれません。

「基本を大切に」自分の範疇を超えたことを思い煩うより、範疇の中で今、何ができるのかを考えることが大切♪謙虚さを忘れず。自信を持つこと。

|

« 先人に学ぶ。 | Main | 仕掛けの妙技 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69642/8727145

Listed below are links to weblogs that reference 基本の「ABC」其の2:

« 先人に学ぶ。 | Main | 仕掛けの妙技 »